タイプ

医薬品としてのノコギリヤシ

最近日本でも話題となっているノコギリヤシは、北米大陸に自生しているヤシ科の植物で、その見た目がのこぎりに似ているということからその名前で呼ばれています。
http://manten.extrem.ne.jp/ds/にも書いてあるように、日本では主に中高年男性の間で育毛・発毛効果を得るためにサプリメントや育毛剤やシャンプーという形で利用されていますが、ヨーロッパなどではすでに医薬品として利用されてきた実績があります。

ノコギリヤシは、日本ではようやく最近その名前が知られるようになってきましたが、アメリカでは昔からアメリカ大陸の原住民であるインディアンたちの間で摂取されていた歴史があります。
http://www.kiwilyrics.com/seibunn.htmlにも書いてあるように、ノコギリヤシの成分には、今では育毛や発毛の他にもいろいろな効果があることがあることが分かってきていますが、インディアンの間では男性機能に効果が高いものとして好んで摂られていました。
アメリカ大陸にヨーロッパの人々が訪れるようになり、ノコギリヤシが研究されたことによって、ヨーロッパではかなり前からその成分を前立腺肥大などの治療に使用しいています。
日本やアメリカではまだ医薬品としては使用していませんが、ご存知の通りにサプリメントとして数多くのメーカーが発売しており、特にアメリカでは高い効果がある精力剤として販売しています。
もちろん育毛や発毛に効果が高いことは世界中で知られていて、その他にも滋養強壮や前立腺肥大の治療に効果があるものとして、ノコギリヤシは世界中の中高年男の味方となっています。
前立腺肥大の症状に効果がある医薬品はノコギリヤシ以外にもあり、もちろん日本にもいろいろ治療薬がありますが、ノコギリヤシは自然の植物ということで、副作用の心配がないところが大きなメリットです。
日本ではノコギリヤシを医薬品としてまだ認可を取っていませんが、すでに多くの医療関係者によって研究が進められていて、さらにヨーロッパなどのすでに認可を取っている国々の治験データが集まり解明が進めば、近い将来日本でもノコギリヤシが医薬品として認められる日がくると予想されます。

http://www.integratedmedia.org/3.htmlにも書いてあるように、ノコギリヤシはすでにヨーロッパをはじめいろいろ国で医薬品として利用されています。
日本ではまだ医薬品として認可が取れていませんが、この先医薬品として利用されることが期待されています。